〈100名様に当たる〉Twitterキャンペーン実施中

デュワーズの味わいの秘密

デュワーズとは

数種類の厳選された原酒を掛け合わせた
ブレンデッドスコッチウイスキー。

「ブレンデッドウイスキー」とは、数種類のモルトウイスキーやグレーンウイスキーを掛け合わせ、バランスの良いなめらかな味わいに仕上げたウイスキー。蒸溜所ごとに異なるウイスキーのテイストや香りが複雑に混ざり合い、深みのある味わいを楽しめます。また、スコッチウイスキーとは、一定の基準を満たした材料と管理のもと、スコットランドで最低3年以上熟成させたウイスキーのこと。デュワーズはブレンデッドウイスキーであり、スコッチウイスキーでもあります。

モルトウイスキーについて

時間と手間をかけた
「ダブルエイジ製法」で
どこまでもなめらかな味わい。

樽熟成させたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした後、そのブレンデッドウイスキーを再び樽の中で熟成。
デュワーズではこの手間と時間をかけた工程を「ダブルエイジ製法」と呼んでおり、なめらかでバランスの良い味わいのウイスキーに仕上がります。

初代マスターブレンダーのA.J. キャメロンの時代から変わらぬ「ダブルエイジ製法」により、ウイスキーをはじめて飲む人でも親しみやすい、なめらかな味わいに仕上がっています。このデュワーズはハイボールをはじめ様々なカクテルのベースに利用されています。

ハイボールの作り方

1000を超える受賞歴。
そして王室御用達の栄誉を賜る。

デュワーズは、1886年のエジンバラ国際博覧会で初めてメダルを獲得して以降、今日まで1000を超える受賞歴を誇っています※。また、1893年にヴィクトリア女王より英国王室御用達を受け賜わり、その名誉は現在に至るまで続いています。
※ジョン・デュワー&サンズ社として1000以上の賞を受賞。(Bacardi Limited 社調べ)

デュワーズの歴史

  • トミー・デュワー
  • ジョン・デュワー
  • ジョン・アレクサンダー・デュワー

始まりは1846年、スコットランド。
デュワーズの礎を築いた親子。

1846年にスコットランドのハイランド地方で、ジョン・デュワーによりジョン・デュワー&サンズ社が設立されました。
その後、ジョンの息子であるジョン・アレクサンダー・デュワーとトミー・デュワーが会社を引き継ぎ、世界的なブランドへと育て上げていきます。

  • 鋼鉄王アンドリュー・カーネギー
    と米国大統領。

    ジョン・デュワーの息子トミー・デュワーが世界を旅する途中、かねてより親交の深かった鋼鉄王アンドリュー・カーネギーを通じて、当時のアメリカ大統領ベンジャミン・ハリソンにデュワーズを提供。それが話題となり、デュワーズの名は全米に広がりました。今日でもアメリカでは、デュワーズは最もポピュラーなスコッチウイスキーのひとつとして親しまれています。

    *写真は最良のウイスキーをアメリカ大統領の邸宅に送るよう書かれた、ジョン・デュワー&サンズ社宛の鉄鋼王アンドリュー・カーネギーからの手紙。

  • アバフェルディ蒸溜所の設立。

    アバフェルディ蒸溜所は、1898年にジョン・アレクサンダー・デュワーによって設立されたデュワーズのための蒸溜所です。ビクトリア朝様式の見事な建物には、ウイスキーづくりの伝統が静かに息づいています。

    蒸溜所の紹介
  • ハイボールの起源、デュワーズ。

    1891年のニューヨーク。デュワーズブランド創設者の一人であるトミー・デュワーは友人とウイスキーを楽しもうとサロンへ行きました。しかし、そこで出されたグラスが小さかったため、トミー・デュワーはウェイターに「もっと背の高い(high)グラスにしてくれないか。そうすればもっと楽しめる(have a ball)」と言いました。その瞬間、highとhave a ballを掛け合わせてハイボールが誕生したと言われています※。

    ※ハイボールの起源には諸説あります。

  • 日本への展開。

    1893年に、トミー・デュワーはウイスキーを広めるために長崎、神戸、大阪、横浜、東京に立ち寄っています。さらに1905年にはH.E.Reynell社が日本の代理店として登録されると、少しずつ日本でもデュワーズが広まっていきました。現在はバカルディジャパン株式会社がデュワーズを取り扱っており、サッポロビール株式会社との業務提供のもと販売しています。

  • デュワーズの味わいを決定づける、
    マスターブレンダー。

    マスターブレンダーとは、ウイスキーの味わいを決める重要な役割を担う職人です。初代A.J. キャメロンから現在のステファニー・マクラウド女史まで、すべての工程に責任を持って品質の高い製品をつくる「ものづくりの精神」が受け継がれています。

    S·マクラウドが手掛けた商品